カスタマー サービスの自動化を専門とする AI ネイティブ企業である Ada は、AI エージェントの機能強化を目的とした一連の新しい AI 管理およびコーチング ツールを発表しました。2023 年 11 月のリリース以来、Ada Reasoning Engine™ を搭載した AI エージェントは、企業が顧客サポート インタラクションの 70% 以上を自律的に解決できるようにするのに役立っています。10 人以上の人間エージェントの作業をわずかなコストで実行する AI エージェントは、これらの新機能の導入により、さらに洗練された顧客体験を提供できるようになります。

同社の最新の進歩には、スキル開発の強化が含まれており、AI エージェントはさまざまなリソースから学習し、複数の言語でサポートを提供できます。AI エージェントの他のビジネス ツールとの統合機能は向上し、今後のアップデートではマシン ビジョンを使用してアプリをナビゲートできるようになるため、コーディングや API は不要になります。さらに、Ada は、企業が複雑な問い合わせの解決方法を説明するプロセスを簡素化することで信頼性と信頼性の向上に大きく貢献し、自動化された会話の精度と安全性を高めています。

Ada の AI エージェントは、クロスチャネル カバレッジによってその範囲も拡大しており、現在ではアプリ内、ソーシャル メディア、チャット、チケット、eメール、電話、SMS など、すべての顧客コミュニケーション チャネルで会話を自動化できます。この拡張はグローバルで、さまざまな言語と地域をサポートしています。Ada のテクノロジーを早期に導入した Tango では、顧客サービスの品質と効率が大幅に向上しており、同社のビジネス テクノロジー担当副社長である Adam Cole 氏は、AI エージェントのコンテキスト機能とサポート チームのキャリア開発へのプラスの影響を強調しています。

Ada の最高製品および技術責任者である Mike Gozzo 氏は、顧客サービスの自動化を推進するという同社の取り組みを強調しました。彼は、Ada の AI エージェントを、ChatGPT を搭載したものを含む従来のチャットボットと比較し、AI エージェントの管理が人間のチームを監督することに似ていると強調しました。春の製品発表は、AI エージェントのスキルセットを強化し、企業が顧客サービス チャネル、コーチング機能、AI のパフォーマンスと自律性に対する信頼を向上させるのを支援するという Ada の献身を示しています。

出典:プレスリリース