AI Mage(東京都渋谷区)は、東大IPC(東京都文京区本郷)が運営する「1stRound」の第10回支援先に選ばれた。アニメ制作に特化したAIソリューションを提供し、アニメ業界の労働環境改善と人材不足解消に貢献することを目指す。AI技術を駆使し、高品質なアニメ制作を支援する。

「1stRound」は、大学発の技術やアイデアの事業化を促進する国内最大のインキュベーションプラットフォーム。2017年に東京大学が立ち上げ、Non-Equity資金支援やハンズオン支援を提供。国立・私立大学が参加し、国内最大規模の共催プログラムとなっている。

過去には85チームが「1stRound」から支援を受け、その内約90%が資金調達に成功。大手企業との協業も拡大しており、多くのチームが大型助成金を獲得。スタートアップとステークホルダーを繋げるコミュニティを形成し、技術シーズのビジネス化を加速させている。

さらに、関連大学の起業家教育プログラムと連携し、再応募からの採択率は20~25%。アカデミアからの起業を後押しするエコシステムの構築を目指している。AI Mageは、この支援を受けて、アニメ産業に新たな価値をもたらすことに期待が集まっている。

出典:プレスリリース