アルパカ(大阪市)は、鈴木健二郎氏と共同で「補助金事業計画書作成AIアシスタントサービス」を開始。このサービスにより、経営者は自ら補助金事業計画書を容易に作成できるようになる。

DX需要の増加に伴い、アルパカは経営者からのニーズに応える形でサービスを提供。経営者は専門知識がなくても、必要事項を入力するだけで計画書の下書きが可能に。

アルパカのサービスは、AIの支援により計画書の質を高め、採択率を20%向上させる。また、従来の作成コストを1/3に削減する経済性も魅力的だ。

製造業A社は「わずか2日で計画書を作成し、採択された」と評価。商社B社も「作成時間が半分に短縮し、補助金採択がスムーズに」と成功事例を報告している。

出典:プレスリリース