アメディア(東京)は、音声拡大両用読書器「よむべえスマイル」「快速よむべえ」に生成AI機能を搭載すると発表した。この夏に新発売されるよむべえシリーズは、GoogleのGemini 1.5を導入し、印刷物を音読するだけでなく、生成AIが内容を説明する機能を備える。これにより、視覚障害者の情報アクセスの障壁が大きく減少し、社会参加を促進する。

アメディアの読書器は、Googleのクラウドサービスを利用した高精度な文字認識機能を持ち、翻訳や通帳読み取りに対応。特に「クラウド認識」は手書き文字も読める高い認識精度を誇り、これまで困難だった手書きのコミュニケーションを可能にした。生成AI機能の精度も高く、ユーザーの満足度は非常に高い。

新聞記事のような複雑な内容も、生成AIがわかりやすく読み上げることで、視覚障害者の情報アクセスがスムーズになる。グラフや画像からの情報も簡単な操作で読み取れるようになり、よむべえシリーズが教科書や資料理解に役立つ。気になるワードについては、生成AIがその場で解説する機能も提供する。

アメディアは、視覚障害者の自立支援を目的として、生成AI Gemini 1.5を採用し、高いクオリティの機能を実現した。既存のよむべえシリーズを持つユーザーにもアップデートで機能を提供する。iPhoneの視覚サポート機能も便利だが、アメディアは音声読書器による視覚障害者の生活向上を目指す。テクノロジーを活用し、障害者の自立を支援する姿勢を示している。

出典:プレスリリース