Anomaloは、Data + AI Summit 2024でデータ品質プラットフォームの機能強化を発表し、非構造化テキストデータを監視できる機能を導入した。この新機能は、矛盾や機密情報を含むことが多く、プライバシーとセキュリティーにリスクをもたらす非構造化データの複雑さを企業が管理できるようにすることを目指している。この機能は現在、プライベート ベータフェーズでテストされている。

同社の取り組みは、企業データのかなりの部分を占め、整理と分析において特有の課題を呈している非構造化データの急増に対応するものだ。Anomaloのソリューションは、組織が生成AIアプリケーション用のデータを準備できるように設計されており、AIモデルのパフォーマンスの問題を防ぐために、データの高品質を保証する。

Anomaloの最新製品では、非構造化テキストドキュメントのキュレーションと評価が可能で、長さ、重複、感情などの特性を評価できる。このツールにより、データのキュレーションとプロファイリングのプロセスが効率化され、ユーザーはデータ品質の問題を迅速に特定して対処できるようになる。

Anomaloの共同創設者兼CEOであるElliot Shmukler氏は、生成AIアプリケーションの成功には高品質のデータの重要性を強調した。同社の拡張されたプラットフォームは現在、AI駆動型のデータ問題検出機能を提供しており、データチームが効率的に問題を解決できるようサポートしている。Anomaloは、サミットで予定されている講演で、企業の生成AI導入におけるデータ品質の課題についてさらに詳しく説明する予定だ。

出典:プレスリリース