Anthologyは最近、「生成AIによる高等教育の強化:責任あるアプローチ」と題した包括的な戦略ガイドを発表した。これは、学術環境へのAIの統合を導くことを目的としている。MIT SMR Connectionsと共同で作成されたこのガイドは、Anthologyが以前にリリースしたAIポリシーフレームワークに続くもので、教育におけるAIの将来の使用を形作ることを目的としている。

このレポートは、ミシガン大学の調査結果に言及し、高等教育における生成型AIの使用が大幅に増加していることを示している。同大学の調査結果では、同大学の教員、学生、管理職員の大多数がさまざまな立場でAIを活用している。このガイドでは、AIの変革能力を認めるだけでなく、潜在的な問題を回避するためにAIを責任を持って戦略的に導入することの重要性も強調している。

このガイドには、MITスローン経営大学院、エモリー大学、アリゾナ州立大学、マイクロソフト、テキサスA&Mなどの機関の専門家からの洞察が含まれている。これらの洞察は、積極的な教育とトレーニング、教育と学習におけるAIの可能性の最大化、教育機関内での公平性と誠実性を維持するための倫理的監視の確保に重点を置いている。

アンソロジーの最高製品責任者であるニコラス・マタイスは、高等教育における倫理的かつ重要な進歩を確実にするために、責任ある方法でAIイノベーションをリードするという同社の取り組みを表明した。この戦略ガイドは、アンソロジーのAIポリシーフレームワークとともに、教育機関にAIテクノロジーを基本的な価値観に合わせるために必要なガイドラインを提供する。このガイドはダウンロード可能で、教育の場でAIを理解して実装したい人のためのリソースを提供する。

出典:プレスリリース