サンフランシスコ – Aporiaは、マルチモーダルAIアプリケーションの安全性と信頼性の向上を目的とした新しいソリューションを発表した。マルチモーダルAIアプリケーション向けのAporiaガードレールは、誤報やコンプライアンス違反など、ビデオおよび音声ベースのAIシステムの潜在的なリスクに対処するように設計されている。この取り組みは、進化する生成AIセクターがもたらす複雑な課題への対応として生まれました。

洗練されたマルチモーダルAIエクスペリエンスを提供するOpenAIのGPT-4oのリリース後、説明責任に関する懸念が浮上した。Aporiaの最新製品は、AIアプリケーションとユーザー間の安全なやり取りを確保するためのカスタマイズ可能なルールセットをエンジニアに提供する。ガードレールは1秒未満のレーテンシーを誇り、迅速なセットアッププロセスにより、従来の迅速なエンジニアリングに代わる堅牢な代替手段を提供する。

AporiaのCEO兼共同創設者であるLiran Hason氏は、AIに安全対策を実装して潜在的な事故を防ぐことの重要性を強調した。マルチモーダルAI向けガードレールは、不適切な応答をリアルタイムで積極的に除外するように設計されており、AIのやり取りにおける人間的要素をサポートする。エラーがユーザーに届く前にかなりの割合で検出して軽減する機能を備えたAporiaのソリューションは、AI通信の整合性を維持するための重要なツールとして位置付けられている。

Aporiaの共同創設者兼CTOであるAlon Gubkin氏は、AIにおける予防策の継続的な研究開発に対する同社の取り組みを強調した。AIアプリケーションの安全性を維持するという目標を掲げ、AporiaはエンジニアがAIテクノロジーの潜在能力を最大限に活用しながら、関連するリスクを管理できるソリューションの作成に引き続き注力している。

出典:プレスリリース