不動産業界のテクノロジーリーダーであるAppFolioは、不動産管理の効率化を目的とした一連の新機能を発表しましAppFolio。同社は、ユーザーにインテリジェントなリアルタイムの支援を提供するように設計された組み込み生成AIであるRealm-Xを発表した。このAIは、最新の基盤モデルと業界固有のコンテキストを組み合わせて、革新的な機能を提供する。AppFolioユーザーは、Realm-X AssistantとRealm-X Messagesにアクセスできるようになった。これらは、不動産管理者がプラットフォームとやり取りし、日常業務を処理する方法を変革するものだ。

Realm-X Assistantは副操縦士のような体験を提供し、ユーザーはレポートをすばやく生成し、タスクを開始し、ベンダー、居住者、物件、所有者に関わる日常業務を自動化できる。一方、Realm-X Messagesは、メッセージのコンテキストを使用してアクションを導き、パーソナライズされた返信を提供することで、管理者が居住者とのコミュニケーションを効率的に分類して対応できるようにすることで、受信トレイの体験を再定義する。さらに、AppFolioは、ユーザーがカスタマイズされたプロセスを作成して自動化し、生産性を高め、ワークフローのステップを明確に監視できるようにするワークフロー自動化エンジンであるRealm-X Flowsをテストしている。

AppFolioのイノベーションは、特定の住宅分野にも広がっている。学生用住宅の場合、Flexible LeasingやPre-Leasing Metricsなどの新機能により、管理者はリース実績に関するより優れた汎用性と洞察を得ることができる。手ごろな価格の住宅分野では、テナント所得証明のサポートを改善し、コスト回収を支援する新しいHUD機能を導入した。さらに、AppFolio Stack™ Marketplaceの拡張により、現在50社を超えるパートナーが参加し、顧客向けの一元化されたビジネス管理ハブが実現している。

同社が居住者の体験に重点を置いていることは、AppFolioプラットフォーム上の直感的なアプリを通じて、申し込みから更新まで賃貸手続きを効率化する取り組みからも明らかだ。これらの機能強化は居住者の交流と利便性の向上を目指しており、入居率の向上につながる可能性がある。AppFolioは、フィラデルフィアで開催されるNAA Apartmentalizeイベントで、最新のサービスの詳細を知り、デモンストレーションを体験するよう関係者を招待している。

出典:プレスリリース