Aryaka(アリアカ)は、AIワークロードへの高性能なアクセスをグローバルに提供する「Aryaka AI>Perform」を発表した。このソリューションは、Aryaka Unified SASE as a Service上でネイティブに提供され、早期アクセス顧客向けに提供開始され、2024年第3四半期に一般提供予定である。

「Aryaka AI>Perform」は、企業がAIの力をグローバルネットワーク全体で安全かつ効率的に活用できるようにする新しいイニシアチブの一環だ。Nvidia社のデータセンター収益がAIワークロードにより前年同期比427%増となるなど、AIの需要が高まる中、企業はネットワークとセキュリティーの課題に直面している。

AryakaのRenuka Nadkarniは、「RAGを含むLLMは、統合されたネットワーキングとセキュリティー要件を高める」と述べ、Aryaka Unified SASE as a Serviceが企業のAI取り組みを加速するのに理想的であると強調した。また、来年にはAIセキュリティーとオブザーバビリティの機能を追加する予定だ。

Futuriom社のScott Raynovich氏は、「AIは企業のネットワークインフラとセキュリティー要件を厳しくする」と述べ、Aryaka AI>Performのようなソリューションが企業AIアプリケーションの価値を実現するために必要だと指摘した。Aryakaは、今後数力月でさらなるソリューションを発表し、顧客インサイトを共有する予定である。詳細は公式サイトまたはAryakaに問い合わせを。

出典:プレスリリース