ArisGlobalは、安全性データと関連ワークフローの収集を自動化することで有害事象(AE)症例の取り込みの効率を高めるよう設計されたAdvanced Intakeソリューションを導入した。同社のLifeSphereプラットフォームの一部であるこのテクノロジーは、生成AIやLarge Language Modelsなどのインテリジェントな自動化ツールを利用して、増大するデータソースの量と種類を管理する。

同社の初期のパイロットプログラムでは、Advanced Intakeによって最大65%の効率向上が達成され、データ抽出の精度が90%維持されることが実証されている。システムの動的データ抽出機能により、特別な設定を必要とせずにさまざまなフォームをインテリジェントに処理できるため、従来は手動で行われていたケース処理プロセスが効率化される。

Advanced Intakeは、組織がLifeSphere MultiVigilanceを使用しているかどうかに関係なく、既存の安全性データベースとシームレスに統合するように設計されている。このソリューションは6 ~ 8力月以内に迅速に導入でき、組織はすぐにそのメリットを実現できる。ArisGlobalのCIO兼研究開発者であるAnn-Marie Orange氏は、業界における生成AIの実用化の必要性と、Advanced Intakeのようなイノベーションでこの需要に応えるという同社の取り組みを強調した。

ArisGlobalは、Breakthrough2024コンファレンスでの最近の製品発表からも分かるように、ライフサイエンス研究開発への生成AIの組み込みにおいて最前線に立ち続けている。同社はまた、ライフサイエンス分野での先進技術の導入を促進するために業界の幹部、学者、AI専門家を集めるGenAI Councilを主導し続けている。

出典:プレスリリース