Arrow Electronicsは、SiMa.aiとの戦略的提携を発表し、同社の機械学習製品をEMEA地域全体に配布する。この提携は、工業製造やヘルスケアなど、さまざまな業界で高まるエッジAIソリューションの需要に応えることを目的としている。SiMa.aiのMLSoCとPalette Softwareは、エッジで高性能で電力効率の高いAI/MLワークロードを提供するように設計されている。

この契約により、Arrowはこの地域におけるSiMa.ai製品の独占販売代理店となり、ArrowのAI製品ポートフォリオが強化される。この提携により、顧客がSiMa.aiのテクノロジーに簡単にアクセスし、進化するAI/MLプロジェクトをサポートできるようになると期待されている。SiMa.aiのプラットフォームは、コンピュータービジョンから高度な生成AIまで、さまざまなAIタスクを処理できることで知られており、効率の最大化に重点を置いている。

ArrowのEMEAエンジニアリング担当副社長であるMargit Tischler氏は、エッジでのAIの重要性と、SiMa.aiのソリューションが顧客にもたらす価値を強調した。SiMa.aiの最高ビジネス責任者であるエリザベス・サマラ・ルビオ氏は、欧州と中東全域でのエッジAIソリューションの導入を加速させるこの販売契約に熱意を表明した。

この提携は、ロンドンで開催される予定のHardware Pioneers Maxイベントで紹介され、ArrowはSiMa.aiの技術を特集する。さらに、SiMa.aiはArrowと共に「ビジョンパイプライン全体を加速する」と題した講演を行い、主要なアプリケーションにおけるAIと機械学習の実装について議論する。このイベントは2024年5月28日~29日に予定されており、講演は2日目に行われる。

出典:プレスリリース