Aryakaは、AIワークロードへのグローバルアクセスを強化することを目的とした先駆的なソリューションであるAryaka AI>Performを導入した。この新しいサービスは、AIアプリケーションに特化した堅牢なネットワーク、セキュリティー、および可観測性サービスの提供に重点を置くAryaka AI> Initiativeの一部だ。AIワークロードの増加に伴い、従来のネットワークでは必要なデータ転送をサポートできないことがよくあるが、Aryakaのソリューションはこれらの課題に効果的に対処する。

同社の最高製品責任者は、大規模な言語モデルを既存のデータやアプリケーションと統合するRetrieval Augmented Generation (RAG)などの高度なAIアプリケーションの採用が増えていることを強調した。AryakaのUnified SASE as a Serviceは、これらのアプリケーションの進化するネットワークとセキュリティーの要求を満たすように設計されており、パフォーマンスとセキュリティーを組み合わせた単一のプラットフォームを提供する。

業界の専門家は、AI主導のネットワークインフラストラクチャーとセキュリティーへの移行を認識している。Unified SASEソリューションの一部であるAryaka AI>Performは、企業がAIアプリケーションの価値を最大限に引き出すための重要なコンポーネントと見なされている。このソリューションは、Aryakaのグローバルコア ネットワークとPoint of Presenceを活用して、地理的な場所に関係なく、AIワークロードの高パフォーマンスと信頼性を確保する。

AryakaはAI>イニシアチブ内でイノベーションに引き続き注力しており、近い将来にさらに多くの機能を導入する予定だ。同社のAIワークロードパフォーマンスの向上への取り組みは、スケーラブルで柔軟なネットワーク アーキテクチャー、集中ポータルによる簡素化された管理、AI主導の変革に着手する企業への継続的なサポートの約束に表れている。Aryaka AI>PerformとAIイニシアチブへのメリットの詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

出典:プレスリリース