Amazon Web Services (AWS)は、生成AIテクノロジーの需要をより適切にサポートするためにインフラストラクチャーを強化している。AWSは、ネットワーク機能とデータセンター設計を最適化することで、AIアプリケーションの開発と拡張を容易にすることを目指している。同社の取り組みは、レーテンシーの削減、エネルギー効率の向上、堅牢なセキュリティー対策の確保に重点を置いている。

AWSは、Anthropicの最新AIモデルであるClaude 3.5 Sonnetを顧客に導入し、インテリジェンスとコスト効率の向上をアピールしている。このモデルは、AIの高度な機能で知られるClaudeファミリーに加わる。AWSは20年以上にわたってAIと機械学習に取り組んでおり、これらのテクノロジーをさまざまなサービスに統合して、幅広い業界にメリットをもたらしている。

カスタムAIチップや大規模なデータセンターネットワークを含む同社のグローバル インフラストラクチャーは、同社のAIおよびMLサービスの基盤となっている。UltraCluster 2.0などのネットワークにおけるAWSのイノベーションにより、AIモデルのレーテンシーとトレーニング時間が大幅に短縮された。これらの進歩は、AI分野における継続的な改善と急速なイノベーションに対するAWSの献身の証だ。

AWSは、データセンターの運用においてエネルギー効率と環境への影響も優先している。高度な冷却システムを採用し、サーバーの配置を最適化することで、AWSは二酸化炭素排出量の削減に大きく貢献している。さらに、セキュリティーはAWSのインフラストラクチャーの要であり、機密データを保護し、顧客の信頼を確保するための対策が講じられている。AWS TrainiumやAWS Inferentiaなどの同社のAIチップは、AIモデルのトレーニングと実行にコスト効率の高いソリューションを提供しており、アクセスしやすく効率的なAIテクノロジーに対するAWSの取り組みをさらに実証している。

ソース:Amazon News