Amazonウェブ サービス (AWS) は、顧客がより効率的に AI アプリケーションを構築できるようにすることを目指し、ニューヨークで開催された AWS サミットで AI に重点を置いた一連の新製品を発表しました。AWS の AI 製品担当副社長であるマット ウッド博士は、AWS が現在、他の主要なクラウド プロバイダーをしのぐ多数の機械学習および生成 AI 機能を提供していることを強調しました。これらの機能は、さまざまなレベルの AI 専門知識を持つユーザーに対応するように設計されており、より魅力的でパーソナライズされたアプリケーションを作成するために AI の力を活用することができます。

発表の中には、生成 AI を使用してアプリケーション開発を簡素化するサービスである AWS App Studio の導入がありました。このローコード プラットフォームを使用すると、ユーザーは希望する結果を記述するだけで、安全なアプリケーションを迅速に作成できます。たとえば、ユーザーは App Studio に請求書承認用のアプリを構築するように指示すると、サービスによってユーザー インターフェイスやデータ モデルなどの必要なコンポーネントが生成され、ユーザーは基礎となるコードを詳しく調べる必要がありません。

AWS は、 Amazon Q Business の一部であるAmazon Q Apps の一般提供により、生成 AI へのアクセスを民主化しています。この機能により、ユーザーは会話プロンプトを通じて即座にアプリケーションを生成でき、ソフトウェア開発やコンテンツ作成などのタスクを効率化できます。さらに、 Amazon Q Developer が SageMaker Studio に統合され、データ サイエンティストにツールを推奨したりコードを提案したりするためのチャットベースのインターフェイスが提供され、数週間または数か月の作業を節約できる可能性があります。

さらに、AWS は生成 AI アプリの構築と展開を容易にするサービスであるAmazon Bedrock を強化しました。新しい機能には、カスタム データを使用してモデルを微調整する機能や、AI の責任ある使用を保証するためのガードレールの導入が含まれます。AWS はまた、トレーニング イニシアチブの拡大を発表し、すでに 3,100 万人を超える人々にクラウド コンピューティング スキルのトレーニングを行っており、2025 年の目標を予定より早く達成しています。これらの取り組みは、世界中の人々が AI とクラウド コンピューティング スキルをより利用しやすくするという AWS の取り組みを反映しています。

ソース:Amazon News