Axiom は最近、法律人材ネットワークの大幅な拡大を発表し、現在では人工知能 (AI) の専門知識を持つ弁護士が 200 名を超えています。この成長は、AI データ ガバナンス、プライバシー、コンプライアンスの複雑さに対処しようとしている社内法務チームや企業にとって重要な時期に起こっています。応募者の上位 3% を厳格に選抜する Axiom のネットワークは、商法、サイバー セキュリティ、AI 技術開発などの分野で差し迫った法的ニーズに対応できる強力な専門家プールを提供します。

企業がこの変革的なテクノロジーに関する専門知識の必要性を認識するにつれて、AI に精通した法律専門家の需要が加速しています。Axiom の CEO である David McVeigh 氏は、AI 規制と倫理的配慮の急増が法務チームの適応能力を上回っているという業界の「転換点」を認識しています。Axiom のネットワークは、このギャップを埋めることを目指しており、社内チームがコンプライアンスとテクノロジーの課題を効率的かつコスト効率よく管理できるよう、高品質の AI 法務人材を提供します。

最近の調査では、法務部門における AI 準備のギャップが明らかになりました。多くの法務部門では、テクノロジーと製品開発、データ プライバシー、サイバー セキュリティに関する社内の専門知識が不足しています。Axiom の最高技術責任者である CJ Saretto 氏は、AI の安全性と合法性を確保しながら AI の可能性を最大限に引き出すには、経験豊富な法務人材に投資することの重要性を強調しています。1,400 件を超えるテクノロジー関連の豊富な経験を持つ Axiom は、急速に進化する AI 環境のプレッシャーに直面している法務チームやテクノロジー開発者にとって貴重なパートナーとなっています。

Axiom の AI 法務の才能は、法務調査の新興企業向けの AI モデルのトレーニングや、フォーチュン 100 製薬会社のデジタル技術グループのサポートなど、さまざまな注目度の高いプロジェクトで重要な役割を果たしてきました。同社の弁護士は、世界的な金融サービス企業の AI リスク評価とコンプライアンスの管理や、製品ライン全体にわたる責任ある AI の使用に関するテクノロジー大手へのアドバイスでも重要な役割を果たしてきました。Axiom の最高戦略開発責任者であるキャサリン・ケムニッツは、規制と倫理基準を遵守しながら AI を業務に統合したいと考えているクライアントにとって、同社の強力な AI 法務専門家陣が重要なリソースであると高く評価しています。

出典:プレスリリース