ブランドエンゲージメントネットワーク(BEN)は、スキル獲得およびイノベーション研究所(SAIL)と共同パイロットを開始し、BENのAIテクノロジーを使用してヘルスケアへのアクセスとサポートを強化した。名門医療センターと提携しているSAILは、医療専門家向けの高度な教育ツールの提供に重点を置いている。このパートナーシップは、AIアシスタントを医療現場に統合し、患者ケアと医療トレーニングを変革することを目指している。

BENとSAILの取り組みでは、患者や医療スタッフと人間のような方法で対話できるAIアバターを導入する。これらのアバターは複雑な問い合わせを理解して応答するように設計されており、医療専門家の作業負荷を軽減できる。日常的なタスクを処理し、即時の情報を提供することで、AIアシスタントはヘルスケアサービスの効率と応答性を向上させることが期待されている。

実際のアプリケーションでは、BENのAIテクノロジーは薬局やクリニックで患者を支援するために利用でき、処方、治療、スケジュールに関する質問に24時間年中無休でサポートする。医師にとって、AIは広範な医療知識への迅速なアクセスを提供し、特に緊急の状況で患者ケアを大幅に強化できる。BENの医療顧問であるリチャード・S・アイザックス博士は、AIが医療の提供と教育を改善する可能性を強調した。

BENの共同CEOであるポール・チャン氏は、特に医療業界における企業の特殊なニーズを満たすAIソリューションの独自の価値を強調した。このAIはプライバシーに配慮し、信頼性が高くなるように設計されており、効果的で業界の規制に準拠したAIツールに対する市場の現在のギャップを埋めることを目指している。

出典:プレスリリース