Bloomreachは、eコマースのパーソナライゼーションを強化することを目的とした、Loomi AIプラットフォームの高度な機能スイートを発表した。新しいツールは、マーケティングチームとマーチャンダイジング チームがオンラインショッピング エクスペリエンスをカスタマイズし、顧客エンゲージメントを最適化し、パーソナライズされたキャンペーンを自動化するのを支援するように設計されている。これらの追加機能により、Bloomreachはオンライン小売の成長を促進する前例のないAI機能をユーザーに提供することを目指している。

最高製品責任者のAnirban Bardalayeは、商取引の特定のニーズを満たす上でこれらの機能強化の重要性を強調した。新しい機能は、マーケティング担当者とマーチャンダイザーのワークフローを合理化し、彼らが拡大成長を追求できるように調整されている。焦点は、ユーザーエクスペリエンスと収益の両方にメリットをもたらす実用的なAIアプリケーションにある。

マーケティング担当者にとって、AutoSegments機能は、価値のある顧客セグメントを自動的に識別し、ターゲットを絞ったキャンペーンのパーソナライゼーションに役立つ。Loomi Analytics Assistantは、会話型インターフェイスを通じてデータ分析を簡素化し、Weblayer Variant Generatorは、複数のバナーバリアントを使用してキャンペーンのテストを高速化する。これらのツールは、時間を節約し、戦略的な意思決定を強化するように作られている。

マーチャンダイジングと検索の分野では、Loomi Search+はセマンティック検索とベクター検索のテクノロジーを組み合わせて、複雑なクエリーの結果を改善する。AI Studioでは、コーディングスキルを必要とせずに検索アルゴリズムをカスタマイズできる。さらに、Visual Searchは画像のアップロードを活用して商品を見つける。また、Loomi Searchが33言語に拡張されたことで、プラットフォームのグローバルなリーチが拡大し、多様な顧客ベースに対してよりスマートな検索機能を確保できる。

出典:プレスリリース