Boomiは、Connor Groupおよび著名な学者と協力して、生成型人工知能(GenAI)に関連するリスクを管理するための先駆的なツールであるEnterprise GenAI Governance Frameworkを発表した。この包括的なフレームワークは、1,000名を超えるビジネスリーダーや専門家の意見を取り入れて開発され、組織がAIの準備状況を評価し、責任を持ってGenAIテクノロジーを採用できるようにすることを目指している。このフレームワークは、個々の企業の目標やリスクプロファイルに合わせてカスタマイズ可能な方法論を提供し、主要な利害関係者が潜在的なリスクに積極的に対処できるようにする。

Connor Groupの会長兼創設者であるJeff Pickett氏は、AI導入に対する戦略的アプローチの重要性を強調し、競争力のある企業が既にAI統合のための管理、データ、プロセスを準備していることを指摘した。このフレームワークは、組織がAIの取り組みを開始するだけでなく、競争上の優位性を獲得するための戦略を洗練するのに役立つように設計されている。

Boomiの最高監査およびリスク責任者であるWaseem Samaan氏は、このフレームワークの二重の性質を強調した。このフレームワークは、経営陣の議論のための簡潔な概要と、運用アプリケーションのための詳細な管理の内訳を提供する。Boomiは、戦略的監視と運用の卓越性をつなぐ橋渡しとなるこのツールの採用と適応の先駆者として誇りを持っている。

このフレームワークを補完するために、David Wood、Scott Emett、Marc Eulerichの各教授によってGenAIガバナンスフレームワーク成熟度モデルが開発された。このモデルは、Connor Groupのコンサルティングサービスと併せて、企業がガバナンス慣行を評価し、改善を計画するのに役立つ。成熟度レベルを評価することで、企業は自社の強みと弱みを正確に把握し、情報に基づいた意思決定を行ってAIガバナンスを強化できる。David A. Woodは、これらのリソースはAIリスクを効果的に管理しながらAIの利点を活用したい組織にとって不可欠であると主張している。

出典:プレスリリース