最近の分析では、世界の純資産は2023年に4.3%の顕著な増加を記録し、総額477兆ドルに達すると報告されています。この上昇は主に金融資産の復活によるもので、前年の低迷後、金融資産は7%近く増加して275兆ドルに達しました。予測では、今後5年間でさらに92兆ドルの金融資産が創出されると示唆されています。

北米は、昨年の新規金融資産の半分以上を占め、この成長に大きく貢献しました。西ヨーロッパでも金融資産が 4.4% 増加し回復が見られましたが、アジア太平洋地域の成長は 5.1% と比較的緩やかでした。特にインドは、金融資産が約 5,900 億ドル増加し、史上最大となる重要な節目を迎えました。

国境を越えた富も増加し、13兆ドルに達し、アラブ首長国連邦が顕著な進歩を遂げた。アラブ首長国連邦は他の伝統的な中心地を追い越し、世界の金融界で主要なプレーヤーとしての地位を確立しようとしている。一方、スイスは最大の予約センターとしての地位を維持しているが、地理的分散化の需要により、シンガポールやアラブ首長国連邦などの地域との競争が激化している。

ボストン コンサルティング グループの最新レポートでは、資産管理部門の再構築における生成AI (GenAI) の可能性が強調されています。GenAI に関する話題は盛り上がっていますが、多くの機関ではその導入に関する包括的な戦略が欠けています。このテクノロジーは業務を効率化し、顧客体験を向上させることが期待されていますが、資産管理会社にとってこれらのツールを効果的に自社のサービスに統合することが課題となっています。

出典:プレスリリース