Capacity は最近、AI を活用したサポート自動化プラットフォームの強化を目指して CereProc と SmartAction の買収を発表しました。この買収により、Capacity の音声およびコンタクト センター ソリューションが強化され、さまざまなコミュニケーション チャネルで顧客と従業員のエクスペリエンスを向上させる高度なツールがチームに提供されます。テキスト読み上げ技術で知られる CereProc と SmartAction の AI 駆動型仮想エージェントは、Capacity のスケーラブルな音声および仮想エージェント ソリューションの成長に大きく貢献すると期待されています。

Capacity の CEO である David Karandish 氏は、高まる顧客の期待に応え、複雑な課題に取り組むために、サポート チームに高度なツールを装備することの重要性を強調しました。CereProc のテキスト読み上げ技術と SmartAction の NOVA プラットフォームを Capacity の製品に統合することで、顧客体験ワークフロー内で AI を活用したよりシームレスな音声インタラクションが可能になります。

英国を拠点とする CereProc はカスタマイズ可能な合成音声の作成を専門としており、一方、テキサス州を拠点とする SmartAction はコンタクト センター向けの仮想エージェントに重点を置いています。両社の買収は、多様なビジネスにサービスを提供するための能力と範囲を拡大するという Capacity の戦略の一環です。CereProc の CEO である Paul Welham は、Capacity の経営幹部チームに加わり、買収後も CereProc を率いていきます。

過去 1 年間で、Capacity は大幅な成長を遂げ、年間経常収益が 80% 以上増加し、Denim Social、LumenVox、Textel などの買収を通じて事業を拡大するなど、注目すべき成果を上げました。150 人を超えるグローバル チームを擁する Capacity は、Web、音声、SMS、eメール、ソーシャル メディアを網羅した包括的なサポート ソリューションを提供し続けています。Capacity のプラットフォームがチームを支援し、サポートを自動化する方法の詳細については、同社の Web サイトをご覧ください。

出典:プレスリリース