chipper(東京都品川区)は、SEO特化型AIライティングツール「Creative Drive」に最新の言語モデル「GPT-4o」を搭載したと発表した。このアップデートにより、「ワンクリック記事生成」と「カスタム記事生成」の機能が強化され、記事生成時間が従来の半分以下に短縮された。また、誤字脱字の減少や自然な文章の生成など、品質の向上も実現している。

「GPT-4o」は、OpenAI社が提供する大規模言語モデルで、応答速度が大幅に向上し、テキスト生成のスピードが約2倍になった。言語理解能力の向上により、より精度の高いテキスト生成が可能になったという。chipperは、これらの改善を通じて、ユーザーにとってより使いやすいサービスを提供する。

「Creative Drive」のサービスは、SEOに特化したAIライティングツールとして、chipperの独自のSEOノウハウを活用し、競合コンテンツの分析やユーザーインサイトの抽出などを自動化する。これにより、事業者は時間や費用を削減しながら、効果的なコンテンツマーケティングを行うことができる。

料金プランは4種類で、無料プランから無制限プランまで用意されている。無料プランでは「GPT-4o」を使用し、30クレジット(3記事分)が提供される。有料プランでは、より多くのクレジットが提供され、月額10,000円から始まる。詳細は「Creative Drive」のサービスページで確認できる。

出典:プレスリリース