クラウド セキュリティ アライアンスは、企業による人工知能 (AI) の安全で責任ある開発と展開を導くことを目的とした一連のレポートを発表しました。CEO の Jim Reavis 氏は、クラウド セキュリティにおける同組織の長年のリーダーシップを反映して、AI における倫理的なイノベーションの重要性を強調しました。レポートでは、AI セキュリティとコンプライアンスにおける標準とベスト プラクティスの重要な必要性について取り上げています。

CSA AI Safety Initiative の議長である Caleb Sima 氏は、企業のセキュリティ チームに実用的なフレームワークを提供するという同組織の取り組みを強調しました。このシリーズの最初のレポートでは、AI と機械学習 (ML) に取り組む組織の重要なセキュリティ責任について掘り下げ、データ保護、モデルの脆弱性管理、ガバナンスに関する専門家のアドバイスを提供しています。

2 番目のレポート「AI レジリエンス: AI 安全性のベンチマーク モデル」では、AI のこれまでの欠点を調査し、企業に倫理的な AI 実践のベンチマーク モデルを提供します。このレポートの目的は、政府や業界リーダーなどの関係者が倫理的な AI の使用を促進するガバナンス フレームワークを確立できるよう支援することです。このホワイト ペーパーでは、包括的な AI ガバナンスとコンプライアンス戦略の必要性について取り上げています。

シリーズの最終レポート「実践の原則: 動的な規制環境における責任ある AI」では、AI と生成AI (GenAI) に関連する法律と規制の課題について検討します。このレポートは、進化する規制環境に関する洞察を組織に提供し、責任ある GenAI の実践を遵守するためのガイダンスを提供します。このレポートでは、現在の規制と将来の考慮事項について説明し、組織がさまざまな管轄レベルで AIコンプライアンスの複雑さを乗り越える手助けをすることを目指しています。

出典:プレスリリース