Cloudera(東京都中央区)は、データ、アナリティクス、AIのビジネスアプリケーション開発を加速する新たなAIアシスタント機能を発表。これにより、ユーザーはデータを実用的なインサイトに変換しやすくなる。AI技術の専門知識と機能が拡張された新機能は、企業が信頼性の高いデータ分析ツールを迅速に導入し、従業員がアクセスできる範囲を広げる。

生成AIの成長に伴い、企業の採用が増加。しかし、データ分析とAIアプリケーションの迅速な開発には課題がある。Clouderaの新AIアシスタントを利用することで、企業はこれらの課題を克服し、AIをビジネス全体で活用しやすくなる。ガートナーは、生成AIがデータ管理コストを削減し、ユースケースを増やすと予測しているが、適切なサポートが必要だと指摘。

Clouderaの新AIアシスタント機能は、SQL AIアシスタント、Cloudera Data Visualization内のAIチャットボット、Cloudera Machine LearningのCloudera Copilotを含む。これらは、ユーザーがデータに基づくインサイトを得る手助けをし、企業がデータ分析をより効率的に行えるよう支援する。

Blue Badge InsightsのCEOアンドリュー・ブルスト氏は、「AIとMLの技術進歩は企業に可能性をもたらすが、価値あるインサイトを引き出す課題がある」と述べる。ClouderaはVerta社の買収を通じてAIとMLのリーダーシップを強化し、AIアシスタントをプラットフォームに組み込むことで、ユーザーエクスペリエンスを向上させる。Clouderaのディプト・チャクラバルティ氏は、新AIアシスタントが企業のAIプロジェクトの課題を解決し、AIの可能性を解き放つと語る。詳細はClouderaのウェブサイトで確認できる。

出典:プレスリリース