CloudThat は最近、ジェネレーティブ AI (GenAI) の機能を企業が活用できるよう支援する施設である、新しい生成AIイノベーション センターを発表しました。このセンターは、企業が AI テクノロジーを探求し、革新できる共同スペースを提供し、これらの進歩を採用する際に多くの企業が直面する課題に対処することを目的としています。

BCG の調査によると、企業の間で GenAI への関心が高まっており、80% の企業が導入を検討しています。しかし、これらの企業の半数は、戦略的なアプローチと必要なインフラストラクチャがないため、困難に直面しています。CloudThat の取り組みは、専門家のガイダンスと、実験と開発のためのリスクのないサンドボックス環境を提供することで、このギャップを埋めることを目指しています。

このセンターは単なる理論学習の場ではありません。CloudThat の専門家が企業と連携して、各企業独自のニーズに合わせた GenAI アプリケーションを特定し、実装する実践的なハブです。この共同作業は、GenAI をビジネス オペレーションに統合することが戦略的かつ効果的であり、生産性と効率性が向上するように設計されています。

CloudThat の GenAI センターにはサンドボックス環境も備わっており、AI ソリューションを安全に開発およびテストできます。この環境はリスクを最小限に抑え、開発ライフサイクルを加速するように設計されており、企業はコア業務を中断することなく柔軟にイノベーションを進めることができます。

このセンターは、イノベーションを促進するだけでなく、新しい AI ソリューションが既存のビジネス システムにシームレスに統合されるようにします。CloudThat の統合スペシャリストは、従業員がワークフローに大きな変更を加えることなく新しい AI ツールに適応できるスムーズな移行を実現することに重点を置いており、それによって GenAI への投資収益を最大化します。

生成 AI は今後数年間で大きなビジネス価値を生み出す可能性があり、CloudThat の生成AIイノベーション センターは、競争力を維持し、この新興技術を活用したいと考えている企業にとって重要なパートナーとしての地位を確立しています。

出典:プレスリリース