コリニア(東京都千代田区)と横須賀市(神奈川県)は、大規模言語モデルと外部情報検索技術「RAG」を用いた実証実験を進行中である。このプロジェクトは、契約締結業務の効率化と職員の負担軽減を目指している。

横須賀市は生成AI「ChatGPT」を全庁的に活用する先駆けとなり、業務改善にAIの導入を図っている。しかし、庁内業務に特化した回答生成の必要性が課題として挙がっていたため、コリニアの支援を受けることになった。

プロジェクトでは、契約マニュアルや規則を参照する作業の時間短縮を目指し、業務内容やビジネス要件への理解を深めるためのヒアリングを実施。生成AIからの回答を得るための技術組み合わせを採用している。

人間のコミュニケーションのように、質問の意図を理解し適切な情報を引き出すことは機械にとって難しい。そこで、対話を通じて質問の解像度を高める手法を取り入れ、より精度の高い回答生成を目指している。プロジェクトは2024年9月末まで続けられる予定だ。

出典:プレスリリース