コムデザイン(東京都千代田区)は、モビルス(東京都港区)が開発したオペレーション支援AI「MooA(R)」との連携を発表した。これにより、同社のクラウド型CTI「CT-e1/SaaS」は機能を拡張し、コンタクトセンターの業務効率を向上させる。

「CT-e1/SaaS」と「MooA」の組み合わせにより、応対記録の要約や意図抽出が自動化される。これにより、顧客サービスの品質が一層向上し、オペレーターの負担軽減にも繋がる。音声認識機能による聞き返し防止やメモ書きの削減も期待される。

オペレーターのタイピングスキルや文章作成力に依存することなく、心理的なストレスを減らすことが可能になる。企業はより幅広い人材採用が可能となり、オペレーターの教育にも注力できるようになる。

「CT-e1/SaaS」を利用中の企業は、新たな機器やシステムの導入なしに「MooA」を導入できる。コムデザインは、この連携により提供するCCP(Converged Communications Platform)がさらに進化するとしている。詳細はコムデザインのウェブサイトで確認できる。https://comdesign.co.jp/

出典:プレスリリース