Contentsquareは、デジタルエクスペリエンス分析、デジタル エクスペリエンスモニタリング、製品分析、顧客の声という4つの主要な分析領域を統合した包括的なソリューションである新しいエクスペリエンスインテリジェンス プラットフォームを発表した。この統合の目的は、チームに顧客とのやり取りとジャーニーの統一されたビューを提供し、顧客のニーズを理解して対応する能力を強化することだ。このプラットフォームの夏のリリースは、分断されたデータソースと複雑な分析の課題に対処するための重要な一歩となる。

同社はプラットフォームにおけるAIの役割を重視しており、高度なAI機能を組み込んでワークフローを合理化し、意思決定を強化している。AIを活用した顧客の声機能が追加されたことで、Contentsquareはチームが即座にフィードバックを収集し、それを行動データと統合して、顧客体験をより細かく理解できるようになった。この総合的なアプローチは、カスタマイズされた体験を提供することで、企業が顧客エンゲージメントと顧客維持率を向上させるために設計されている。

Contentsquareの戦略には、HeapとHotjarの最近の買収が含まれており、企業に顧客体験の全体像を提供するというビジョンを強化している。最新のプラットフォームアップデートにより、チームは幅広い顧客インサイトにアクセスし、さまざまなタッチポイントで顧客ジャーニーを追跡できるようになる。さらに、Frustration ScoreやCoPilotなどのAI駆動型ツールの統合により、顧客の悩みをより効果的に特定して対処することを目指している。

同社のイノベーションへの取り組みは、現在580名を超える人員を擁する製品および研究開発チームへの多額の投資によって支えられている。Contentsquareの進歩はCX Circle Londonイベントで紹介され、インテリジェントな分析とAI統合を通じて顧客体験を向上させるという同社の取り組みが強調された。

出典:プレスリリース