Course Heroは、毎年開催される教育サミットで、同社初のAI対応学習ツールを発表した。これは、教師と生徒の両方にとって教育体験を向上させる大きな一歩だ。CEOのJohn Peacock氏は、教室のテクノロジーを形作る上で教育者の意見が重要であることを強調し、教育上意味のあるツールを作成するという同社の取り組みを強調した。新しいAIツールは、学習をパーソナライズし、さまざまなコースで学習プロセスを合理化することを目的としている。

このオンライン学習プラットフォームは、製品アドバイザリーコミュニティーも開始し、さまざまな学歴や教育レベルの約200人の教育者が参加している。このコミュニティーは、提案の提供、プロトタイプのテスト、教室での調査に積極的に参加してAIツールを改良している。この共同作業により、開発された製品が教育分野のニーズによく適合していることが保証される。

准教授のSandra Guzman-Foster氏は、サミットでCourse HeroのAI学習ツールの可能性を紹介した。彼女は、チャットツールの肯定的な体験を共有し、授業計画を強化し、包括的な学習環境を作成する能力を指摘した。このツールは、教育者に授業教材に関する支援やリソースの提案を提供し、学生は信頼できる宿題の支援を受け、自信を持って試験に備えることができる。

Course HeroのAI学習ツールは、1億を超える学習リソース、専門の講師の洞察、大規模な言語モデルなど、膨大なライブラリーから情報を得て、正確で高品質な回答を提供する。同社は引き続き教育者の製品アドバイザリーコミュニティーへの参加を歓迎し、関心のある関係者に教育におけるAIの進化への応用と貢献を呼びかけている。

出典:プレスリリース