DAMACグループは最近、急成長中の人工知能(AI)分野への投資を大幅に増やすと発表した。同コングロマリットは、仮想通貨取引所FTXが以前支援していたAIスタートアップ企業Anthropicへの5,000万ドルの投資を含む、いくつかのAIベンチャーに戦略的に資金を割り当てている。さらに、イーロン・マスクが先頭に立つアメリカのAIイニシアチブxAIや、大規模言語モデルのオープンソース貢献で知られるフランスのAI企業Mistralにも投資が行われている。

同グループの多角的なファミリーオフィスは、さまざまな戦略で70を超えるファンドに投資しており、現在、高度なAIモデルとインフラストラクチャーの開発をサポートするためにAIへの注力を強化している。DAMACグループの創設者であるフセイン・サジュワニ氏は、AIの変革的影響と、さまざまな分野で大きな進歩と機会を約束するテクノロジーの育成に対する同社の献身を強調した。

サジワニ氏は、ダイナミックなAI業界におけるグループの役割に熱意を示し、ミストラル、アントロピック、xAIなどの企業への投資は、イノベーションと技術進歩への取り組みの証であると強調した。PwCの調査では、AIは2030年までに世界経済に最大15.7兆ドルの利益をもたらす可能性があると予測されている。初期の利益は労働生産性の向上によってもたらされ、その後は製品の機能強化によってもたらされる。

AIの最大の経済的影響は中国と北米で見込まれるため、DAMACグループのAIへの戦略的重点は、ポートフォリオを充実させるだけでなく、新しいパートナーシップやコラボレーションを促進することにもなる。グループは、今後数年間、高度なテクノロジーを活用して価値を生み出し、持続可能な成長を促進する予定だ。

出典:プレスリリース