Denodo は最近、NVIDIA NIM 推論マイクロサービスを自社のプラットフォームに統合し、人工知能機能を強化することを発表しました。この連携により、企業顧客は AI アプリケーション用のデータを迅速に準備し、モデルの精度を向上させ、分散した知識への安全でリアルタイムなアクセスを確保できます。この統合の目的は、さまざまな業界にわたる生成 AI アプリケーションの導入と拡張を合理化し、多様なデータ ソースからより迅速に洞察を得ることです。

Denodo と NVIDIA の提携により、企業が生成 AI モデルを導入する方法が変革され、データ管理ワークフロー内でシームレスなエクスペリエンスが提供されます。お客様は、NVIDIA NeMo と統合データ ファブリックを使用して、データの準備からモデル スコアリングまで、AI と機械学習の導入を加速化できます。Denodo プラットフォームの新機能は、大規模な言語モデルをサポートし、分析を強化し、堅牢な AI 主導の洞察を提供するように設計されています。

Denodo は、NVIDIA NIM との統合により、生成 AI アプリケーション向けのリアルタイムで管理されたデータ アクセスをサポートできるようになりました。この連携により、顧客は AI 展開を制御できるようになり、大規模な言語モデルに対するSQLクエリ生成の精度向上やエラーの削減などのメリットも得られます。Denodo の戦略提携担当シニア ディレクターである Narayan Sundar 氏は、信頼できるデータと高度な AI 機能を通じてエンタープライズ顧客の業務を革新できるこの統合の可能性に期待を寄せています。

出典:プレスリリース