MILIZE(東京都港区)はクォンツ・リサーチ(東京都港区)と共同で、生成AIを用いた株式銘柄検索エンジン「Kabu Ad(カブアド)(α版)」を開発した。金融市場のデジタル化が進む中、迅速かつ正確な情報収集と分析が重要視されている。生成AIの進化により、投資判断の効率化や高度化が進み、新たな洞察を得ることが可能になった。

クォンツ・リサーチは金融工学とITの融合によるサービス開発を得意とし、「見えない価値を可視化」する商品・サービスを提供している。大量データ処理のノウハウを活かし、投資家支援の情報提供サービスやデータ分析基盤の構築、新ビジネスモデルの開発に取り組んでいる。

「Kabu Ad」は生成AIの自然言語処理能力を活用し、クォンツ・リサーチのテクニカル、ファンダメンタルデータから投資機会を検出する。ユーザーのニーズに合わせた情報を提供し、株式投資の入門として役立てることを目指す。新しいNISAの活用にも有効とされる。

「Kabu Ad(α版)」は、個別株初心者が分析なしで適切な銘柄を見つけられるよう設計されている。利用者はクォンツ・リサーチの分析データを閲覧でき、MILIZEは今後、ポートフォリオの見直しアドバイス機能の開発も予定している。金融の民主化を目指し、高品質な情報提供を通じて投資家の判断材料を充実させる環境を提供する計画だ。

出典:プレスリリース