DrivenX(東京都渋谷区)が運営するITフリーランス向けダイレクトスカウト「xhours」は、新たなAI検索機能「AIアシスタント」を5月17日にリリースする。この機能を使えば、企業は案件に適したITフリーランスを効率的に見つけることができるようになる。

「AIアシスタント」は、ITエンジニア不足が問題となる中、企業がITフリーランスを探す手助けをする。OpenAI社の「GPT-4o」を利用し、技能や経験をチャットで入力すると、約2,000名の登録者から最適な候補者を即座に提案する。

例えば、スマホアプリ開発経験のあるPMOを探す際、従来は複数のステップを踏む必要があったが、「AIアシスタント」を使えば、簡単なチャット指示で即座に候補者を確認できる。また、データサイエンティストなど特定のスキルを持つ候補者も、類似スキルを持つ人を含めて提案可能になる。

DrivenXは、今年2月にも「経歴要約AI」機能や「求人自動掲載機能」をリリースするなど、ITフリーランスと企業のマッチングをスムーズにするためのサービス改善を進めている。同社は、AIをはじめとするテクノロジーを駆使し、今後もマッチングサービスの充実を図るとしている。

出典:プレスリリース