EchoMarkは、組織内での情報共有のセキュリティーを強化することを目的とした新しいソリューション、SecureViewを発表した。SecureViewは、簡単に侵害される可能性のある、eメールの添付ファイルやダウンロードなどの従来の通信方法に内在する脆弱性に対処することを目指している。これらの危険な慣行を排除することで、SecureViewは機密文書の配布のためのより安全なプラットフォームを提供し、許可なく文書をコピー、貼り付け、ダウンロード、転送できないようにする。

同社の最新のイノベーションは、高度なAI技術を採用して各文書に固有のデジタルフィンガープリントを埋め込むもので、ユーザーには見えませんが、情報が漏洩した場合にはソースまで遡って追跡できる。このアプローチは、内部の脅威を阻止し、機密データの受信者の責任を強化するように設計されている。また、SecureViewのシステムは、eメールの添付ファイルを安全なリンクに変換することで添付ファイルの必要性を排除し、不正アクセスや拡散のリスクを軽減する。

EchoMarkのSecureViewには強力な追跡機能と分析機能も備わっており、組織はドキュメントのアクセスと使用状況を監視できる。この機能は、セキュリティー侵害後のフォレンジック調査に特に役立ち、出版社に情報の利用方法に関する貴重な洞察を提供する。このプラットフォームは、EchoMarkのウェブサイトからすぐに使用でき、組織の既存のインフラストラクチャーにシームレスに統合でき、ポリシーをカスタマイズでき、主要なeメールプラットフォームと互換性がある。

EchoMarkは、今日のリスクの高いデジタル環境において、リーダーや組織にとって安全なコミュニケーションが重要であることを強調している。同社は、SecureViewの導入により、社内外で機密情報を安全に管理および共有する方法を提供し、新たなレベルの保護と安心を提供することを目指している。関心をお持ちの方は、無料トライアルにサインアップして、SecureViewの強化されたセキュリティー機能を直接体験してください。

出典:プレスリリース