Gemini for Google Workspace は、100 万人を超える個人や多数の企業にとって不可欠なツールとなり、 Googleアプリのエクスペリエンスを向上させています。最新のアップデートでは、Workspace サイド パネル内に Gemini 1.5 Pro が導入され、ユーザーに高度な推論機能とクエリのより広いコンテキスト ウィンドウが提供されます。この機能強化により、より詳細な要約と応答が可能になり、一連の学校のメールを要約したり、イベントのホテルの詳細を取得したりするなど、情報の管理が容易になります。

Gmail モバイル アプリには、タップするだけで長いeメールスレッドを要約し、ユーザーにすばやくハイライトを提供する機能など、新機能が追加される予定です。さらに、このアプリでは、eメールの内容に基づいてより正確な返信を提案するコンテキスト スマート リプライがまもなく提供される予定です。Gmail Q&A も導入され、ユーザーは、請負業者の入札を見つけたり、読書クラブのディスカッションの準備をするなど、特定の情報を受信トレイから直接リクエストできるようになります。

Gemini for Google Workspace は言語機能を拡張し、Gmail とドキュメントの「Help me write」機能でスペイン語とポルトガル語をまもなくサポートします。これは、60 を超える言語でリアルタイムに翻訳された字幕を提供するGoogle Meet の「Translate for me」の最近の導入に続くものです。これらのアップデートに関心のあるユーザーは、企業向けの Gemini for Workspace アドオンまたは消費者向けのGoogle One AI Premium プランを通じてアクセスできます。

ソース:The Keyword, Google