揚羽(東京都中央区)は、ChatGPTの大規模言語モデルや画像解析を活用したAI技術を用いた研究チームを設立した。社内生産性の向上と顧客のDX支援を目的とし、企業価値の向上に貢献する取り組みを強化する方針だ。

新設された「AI事業研究チーム」は、業務自動化や効率化を推進し、社内の作業スピードを改善することで生産性を高めることを目指す。また、不動産や物流、製造メーカーなどDX化に課題を抱える顧客への支援も行う。

当社は、クリエーティブやマーケティング、広告などのサービスを通じて、顧客のニーズに合わせたソリューションを提供。AIソリューションの開発と事業化に向けた取り組みを、外部パートナーと連携して進める計画だ。

執行役員鈴木浩章は、企業ブランディングの伴走支援を通じて、企業と従業員の活性化、幸福感の向上、日本経済の発展に貢献する意向を示した。AI事業研究チームの設立は、顧客のDX推進を加速し、業界全体の競争力向上に寄与するとしている。

出典:プレスリリース