Exa Enterprise AI(東京都港区)は、フジテックス(東京都新宿区)が法人向けChatGPTサービス「exaBase 生成AI」を導入し、営業人員の即戦力化を実現したと発表。新人営業員もベテラン並みの提案が可能になり、フジテックスはexaBase 生成AIの販売代理店契約を結び、2万社以上の中堅・中小企業への導入を進める。

Exa Enterprise AIは、生成AIサービスを通じて生産性の向上を図り、人々が新たな挑戦に取り組む社会を目指す。exaBase 生成AIは2023年6月のサービス開始以来、4万ユーザー以上が利用。セキュリティやコンプライアンス対策、データ連携機能が評価されている。

フジテックスは5000点以上の商材を扱う商社で、営業担当者は商品知識を把握し提案する必要がある。exaBase 生成AIを活用し、専門印刷機器の情報と導入事例をデータベース化。これにより、新任営業員も顧客ニーズに合った提案が可能に。

フジテックスはexaBase 生成AIのデータ連携機能を最適化し、得たノウハウを顧客に提供。exaBase 生成AIは高セキュリティ、コンプライアンス対応、生産性向上の支援機能を備え、低コストで利用可能。ユーザーごとのコスト管理も容易に。

出典:プレスリリース