アーンスト・アンド・ヤング(EY US)は最近、テクノロジーコンサルティングのスペシャリストであるNuvalenceを業務に統合することで、その能力を拡大した。この戦略的動きにより、EY USのプラットフォームエンジニアリング、製品開発、生成AIサービスの提供が強化され、さまざまな業界やセクターに対応できるようになる。米国、カナダ、コロンビア出身の140人以上の専門家で構成されるNuvalenceの経験豊富なチームは、EY USと力を合わせて、AI主導のプラットフォームを通じてクライアントのビジネス変革を支援する。

EYアメリカコンサルティングの副会長であるRaj Sharma氏は、この新しいメンバーの加入に熱意を示し、EY USのAIソリューションの熟練度がNuvalenceの専門知識によって大幅に強化されることを強調した。このコラボレーションの目的は、最先端のAIプラットフォームと製品を提供し、クライアントのAIへの願望を具体的な成果に変えることだ。両チームの共同の取り組みは、生成AIの適用を通じてコアビジネス機能を強化し、革新的なモデルを探求することに焦点を当てる。

Nuvalenceの共同創業者であるRakesh Malhotra氏は、EY USに入社することへの期待を語り、プラットフォームとAI中心の組織に移行するクライアントが直面する複雑な課題に取り組むという同社の取り組みを強調した。Nuvalenceの注目すべき成果の1つに、大手自動車メーカー向けのAI組み込みプラットフォームの開発、デジタルフリート管理の一元化、顧客エンゲージメントを強化する包括的なサービス スイートの提供などがある。

Nuvalenceのもう1人の共同創業者であるSinclair Schuller氏は、実社会で大きなメリットをもたらすAIプラットフォームを構築してきた同社の実績に誇りを表明した。EY USに入社することで、この影響力のある仕事を継続するだけでなく、その範囲をより大規模に拡大し、より幅広いクライアントベースに革新的なソリューションを提供する機会が得られる。

出典:プレスリリース