FiscalNoteは、政府関係、アドボカシー、法務部門の専門家が米国の連邦および州の法律を理解し、対応できるよう支援するために設計された最新のAI搭載ツール、Copilot for Policyを発表した。この革新的なアシスタントは、同社のポリシー製品スイートの一部であり、ユーザーが業務に不可欠な立法情報を迅速に特定し、それに基づいて行動する能力を強化する。

新しいCopilot for Policyは、ユーザーの特定のニーズに合わせてカスタマイズされており、幅広い政策および立法事項を問い合わせるための効率的なチャットベースのインターフェイスを提供する。この機能により、法案の概要と詳細な分析に迅速にアクセスでき、組織内での即時のブリーフィングとアクションが容易になる。このツールでは、レポートをカスタマイズして企業間で洞察を共有し、政策変更への対応を合理化することもできる。

FiscalNoteの社長兼COOであるJosh Resnik氏は、顧客が複雑な政策立案の世界で優位に立つためにAIアシスタントが果たす役割の重要性を強調した。Copilot for Policyは仮想立法顧問として機能するように設計されており、FiscalNoteの信頼できるデータベースから即座に実用的な情報を提供する。同社は引き続きAIイノベーションに注力し、世界中の顧客の能力を強化していく。

Copilot for Policyの導入は、FiscalNoteのCopilot for Global Intelligenceのリリースに続くものだ。これは、ユーザーが世界的なリスクと開発を管理するのを支援することを目的とした別のAIアシスタントだ。どちらのツールも、AIを活用して立法および地政学的分析における意思決定と効率性を向上させるというFiscalNoteの戦略の一環だ。Copilot for Policyのデモは、同社の「AI Product Day 2024」プログラムで紹介されており、このツールは現在、登録ユーザー向けにオープンベータ版として提供されている。

出典:プレスリリース