FPTジャパン(東京都港区)はビービット(東京都千代田区)との協業で、2024年5月より生成AIを活用したクイックPoC支援サービスを開始すると発表。このサービスは、企業が自社業務や顧客向けサービスにおいて、ユーザ・エクスペリエンスを重視したAI導入を迅速に進めることを目的としている。

AI技術の進化に伴い、企業の競争力に影響を及ぼす要素となっているが、セキュリティや倫理問題、環境への負荷などのリスクも存在する。これらの課題に対応するため、ビービットとFPTジャパンは、生成AIのビジネス活用を促進するための共同サービスを提供することで合意した。

ビービットはUX向上の専門性を持ち、FPTジャパンは高度な技術力を有している。これらの強みを組み合わせることで、企業が直面する規制動向の理解、デジタル変革、顧客体験戦略の更新、アイデアの迅速な具現化と検証を支援する。

共同で提供されるクイックPoCサービスは、生成AI活用アイデアの実現性や有用性を迅速に検証することを可能にし、企業はサービスの方向性や実装を判断できるようになる。価格は360万円(税抜)からとなっており、戦略策定から運用改善までの一貫した支援を通じて、顧客体験とビジネス成果の向上を目指す。

出典:プレスリリース