Frame AI は、Amazon の AWS Marketplace でエンタープライズAPIの提供を開始すると発表しました。これにより、エンタープライズ企業はストリーミングの非構造化データを管理するための高度な AI ツールを利用できるようになります。このAPI は、現在の Retrieval-Augmented Generation システムを Stream-Trigger Augmented Generation コンポーネントで強化し、通話、メール、チャットなどのさまざまなデータ ソースからリアルタイムの分析と洞察を得ることができます。この統合により、企業は AWS 環境内でデータを積極的に活用できるようになります。

Frame AI の CEO、George Davis 氏は、AWS Marketplace でのリリースの重要性を強調し、統合の容易さと、ビジネス チーム向けに非構造化データをアクティブ化するマネージド ソリューションの機能を強調しました。エンタープライズAPI は、企業の既存のセキュリティおよび運用フレームワークに適合するように設計されており、価値実現までの時間を短縮し、新しい AI テクノロジーの導入に伴う混乱を最小限に抑えることを目指しています。

Frame AI のエンタープライズAPI は、企業の既存のインフラストラクチャとのシームレスな統合を提供することで際立っており、プロトタイプ段階から先に進めなかったり、広く採用されなかったりする AI プロジェクトによくある落とし穴を回避します。このソリューションは、各企業の特定のニーズに合わせて調整され、AWS Marketplace の厳格なデータプライバシーおよびセキュリティプロトコルに準拠します。

AWS Marketplace におけるFrame AI の存在は、企業に既存ツールの組み込み機能と開発者向け API の柔軟性のバランスを提供します。この構築済みパイプラインは、各ビジネスに合わせてカスタマイズできる安全で信頼性の高いオプションを提供し、自動請求と可視性の向上により導入と調達プロセスを簡素化します。

出典:プレスリリース