著名な技​​術調査およびアドバイザリー会社による最近のレポートでは、高度なデータプラットフォームの需要が急増していることを示している。この成長は、GenAIやその他のAIテクノロジーを活用したインテリジェントアプリケーションの採用の増加に起因している。2027年までに、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供するインテリジェントアプリケーションの開発により、運用処理と分析処理の両方をサポートするハイブリッド データプラットフォームのニーズが高まると予想される。

この調査では、専門的な分析および運用データプラットフォームの重要性も強調されている。これらのプラットフォームは、機能や状況に応じた推奨事項を提供するためにリアルタイムの分析または運用処理を必要とするさまざまなインテリジェント アプリケーションにとって不可欠だ。この調査では、AI投資の時代における高度なデータプラットフォームの重要性を強調し、リアルタイムのAI推論が可能な運用データプラットフォームの必要性を指摘している。

こうした進歩にもかかわらず、データプラットフォーム プロバイダーによるGenAI機能の導入はまだ初期段階にある。評価対象の40社を超えるプロバイダーのうち、自然言語の質問をデータベースクエリーに変換するデジタル アシスタント機能を備えているのは、わずか4分の1程度だ。残りは、これらの機能をプレビュー中か、開発中だ。レポートでは、従来のリレーショナルデータ モデルから、NoSQLデータベースやオブジェクトストレージなどのさまざまな非リレーショナル データプラットフォームへの市場シフトも指摘されている。

ソフトウェアプロバイダーの包括的な評価では、調査会社は3つのデータプラットフォーム カテゴリーにわたって42のプロバイダーを評価した。各カテゴリーで上位3社のプロバイダーが特定され、Oracle、IBM、Microsoftが上位にランクされた。広範な市場および製品調査の結果である同社のデータプラットフォームの購入者ガイドは、企業がビジネスおよびITソフトウェア投資を最適化できるように支援することを目的としている。詳細な調査結果とプロバイダーのランキングが記載された完全なレポートは、同社の調査部門から入手できる。

出典:プレスリリース