Zeta Global は、Forrester Consulting が実施した調査を発表しました。この調査では、米国と英国のマーケティング担当者による顧客生涯価値 (CLV) の現在の使用状況について詳しく調べています。2024 年 2 月に完了したこの調査では、ほとんどの企業が CLV を追跡しているものの、戦略的意思決定への適用は限定的であることが示されています。この調査では、データ収集と、顧客エンゲージメントとビジネス成長を強化できる積極的な意思決定への使用の間に大きなギャップがあることが指摘されています。

Zeta Global の共同創設者、会長兼 CEO である David Steinberg 氏は、この調査結果についてコメントし、デジタル マーケティングに対する後ろ向きなアプローチにつながる、動きの遅いデータという歴史的な課題を指摘しました。彼は、AI、特に生成AIが、過去から予測的な顧客価値評価への焦点のシフトを可能にすることで、マーケティング戦略を変革する準備ができていることを強調しました。Steinberg 氏は、AI を活用したモデルにより、マーケティング担当者はより適切な消費者体験を提供でき、マーケティング投資の収益率を改善できると考えています。

この調査では、マーケティングの優先順位が変化し、従来の取引指標よりも CLV と顧客あたりの収益に重点が置かれていることが強調されています。また、マーケティング テクノロジーの統合の改善と、特にマーケティング チームとデータ サイエンス チーム間の部門間連携の必要性も強調されています。ビジネスを成功に導くために不可欠な機能間の完全な連携を報告している組織はごくわずかです。

さらに、この調査では、企業が将来を見据えた利益指標を採用するにつれて、ビジネス戦略に対するマーケティングの影響力が増大すると予想される将来を示唆しています。回答者の半数以上が、予測価値が顧客価値戦略の中心となるにつれて、マーケティングの影響力と有効性が増大すると予想しています。

出典:プレスリリース