GitHouse(東京都港区)は、自社生成AI「VectorFlux」を活用した新サービス「VectorFlux - For Writing」を開始した。このサービスは、記事の原案をAIが作成し、各種メディアやSNSに自動で下書きを投稿する機能を持つ。多言語対応により、世界中のプラットフォームへの情報発信が容易になる。

「VectorFlux - For Writing」は、外注費用や運用工数の削減に加え、コンテンツ量の増加と投稿範囲の拡大を可能にする。これにより、企業の認知度向上や利益増加に寄与することが期待される。GitHouseは、今後も様々なサービスを提供し、企業の業務効率化と利益向上を支援する。

デジタル化の進展に伴い、企業の情報発信ニーズが高まる中、「VectorFlux - For Writing」の提供が開始された。専門知識と時間を要する記事作成の効率化が求められており、AIによる文章生成サービスが解決策として注目されている。

例えば、キュレーション系オウンドメディアでは、参照URLを入力するだけでAIが記事を生成し、自動投稿する。また、既存記事の要約やタグ生成、SNSへの自動投稿が可能で、運用効率化と発信拡大を実現する。海外展開では、翻訳と自動投稿を通じてグローバルな流入増加に貢献する。これらの機能は、情報発信に課題を抱える企業に特に有効だ。

出典:プレスリリース