GMOインターネットグループ(東京)は、2024年12月リリース予定の生成AI向けGPUクラウドサービスに「NVIDIA H200 Tensor コア GPU」と「NVIDIA Spectrum™-Xイーサネットネットワークプラットフォーム」を採用すると発表。これにより、生成AIネットワークの性能向上が期待される。

NVIDIA Spectrum-XはAI専用に設計されたイーサネットファブリックで、生成AIインフラのネットワーク性能を大幅に向上させる。GMOインターネットグループは、この技術を国内クラウド事業者として初めて導入し、AI開発の期間短縮とコスト削減を実現する。

Spectrum-Xは、生成AI向けGPUクラウドサービスに必要な高性能ネットワーキングを提供。NVIDIA Spectrum SN5600イーサネットスイッチとBlueField®-3 SuperNICを特徴とし、AIに最適化された接続性を実現する。

GMOインターネットグループは、NVIDIA Spectrum-Xの採用により、生成AI向けGPUクラウドサービスの性能を強化し、日本のAI産業を支援する。これにより、AI研究者やスタートアップは、効率的かつ経済的にAIソリューションの開発を進めることが可能になる。

出典:プレスリリース