SELF(東京都新宿区)は、自社開発のコミュニケーションAI「SELFBOT」を提供している。最新の言語モデル「GPT-4o」と独自の「回答コントロール機能」を組み合わせ、AI自動応答の品質向上を図った。SELFBOTは、OpenAI社の「GPT-4o」を標準連携モデルに採用し、ハルシネーションを抑えた正確な情報提供が可能になることを確認した。

同社は、管理者が意図する回答を出力できる「回答コントロール機能」を追加した。この機能により、HTMLタグを含む回答例を事前に登録し、質問に対して理想的な回答を提供することが可能となる。また、回答例は管理画面から簡単に編集でき、運用・管理の手軽さも特徴だ。

「GPT-4o」と「回答コントロール機能」の組み合わせにより、RAGシステムの堅牢性が向上。SELFBOTは、高度な自然言語処理と精度の高い情報提供を行い、理想的な回答を出力することで、ビジネス環境における回答品質の維持を実現している。詳細や無料体験セミナーについては、指定のURLから問い合わせが可能だ。

出典:プレスリリース