Grant Assistantは、助成金申請プロセスの効率を高めるために設計されたAI搭載ツールキットを導入した。このツールキットは、組織が国際的な助成金や協力協定の資金調達機会の複雑さを乗り越えるのを支援することを目的としている。構造化されたワークフローを提供することで、このツールは評価、設計、草案作成、予算編成、コンプライアンスレビューなどのさまざまな段階に対応し、提案の準備に対するより合理化されたアプローチを促進する。

Grant Assistantのリーダーシップには、元USAID首席補佐官のショーン・キャロル氏やウィリアム・シュタイガー博士など、経験豊富な人材が含まれている。彼らは助成金交付で直面する課題について直接の知識を持ち込み、この革新的なソリューションの開発に貢献した。会長を務めるキャロル氏と顧問を務めるシュタイガー氏は、このツールが申請プロセスを近代化し、幅広い組織にとってアクセスしやすく効率的なものにする能力を強調している。

Grant Assistantの機能は、提案プロセスを簡素化するようにカスタマイズされている。これには、長い募集要項のAI生成要約、ガイド付きプログラム設計、草稿作成サポート、および関連データと情報で提案を強化する提案エンジンが含まれる。このツールは、ユーザーのコンテンツの整合性を維持することに重点を置き、提案が資金提供者固有の作成ルールとコンプライアンス要件に準拠していることを保証する。さらに、コラボレーションツールとコンプライアンスチェック機能が統合されており、チームワークを促進し、提案が必要な全ての基準を満たしていることを保証する。

このプラットフォームは、小規模なコンサルタント会社や大手国際開発組織を含む多様なベータテスターのグループからのフィードバックを受け、8力月以上にわたって実際のシナリオで厳密にテストされた。TechChange CEOのニック・マーティン氏やURC社長のアール・ガスト氏などのユーザーからの証言は、困難な時期であっても、さまざまな申請者に公平な競争の場を提供し、提案プロセスを合理化するツールの能力を強調している。政府、ビジネス開発、コンテンツ作成、学術界のバックグラウンドを持つGrant Assistantの創設チームは、地元および小規模組織の提案環境を変革するツールの可能性を強調している。

出典:プレスリリース