Groundlightは、人工知能をカメラシステムやアラート システムに統合することで業務運営を強化するように設計された革新的なプラットフォーム、Groundlight Hubを発表した。Hubは、自然言語インターフェイスとヒューマンエスカレーション テクノロジーを採用し、最初からAIコンピュータービジョンの信頼性を確保する。このテクノロジーは、誤報を減らし、信頼性の高い実用的な通知を提供することを目的としている。Groundlightのソリューションは、中小企業がタスクを自動化し、計画外のダウンタイムを最小限に抑え、安全性チェックや運用監視などのプロセスを合理化できるようにカスタマイズされている。

GroundlightのCEOであるAvi Geiger氏は、インフレ、労働力不足、計画外のダウンタイムに関連するコストなど、中小企業が直面している課題を強調した。同氏は、中小企業はワークフローの自動化にAIを採用することに熱心であるものの、テクノロジーの複雑さとアクセスしやすさが大きな障壁となることが多いと指摘した。Groundlightの製品は、従来の人力に比べて費用対効果の高い自動視覚監視機能を提供することで、これらの問題に対処しようとしている。

ビジネス効率の分野では、従来のアプローチでは、業務を監視するために追加のスタッフを雇うことがよくある。しかし、採用プロセスの遅さと信頼できる人材の高コストにより、多くの人がAIソリューションを検討している。GroundlightのCTOであるLeo Dirac氏は、人間による監視を維持してAIの予測を検証し、変化する状況の中でも正確なアラートを確実に配信するという同社の独自のアプローチを強調した。このアプローチにより、AIは企業にとって一貫して高性能な資産として位置付けられる。

Groundlightのテクノロジーは、ほとんどのネットワークカメラと互換性があり、さまざまな事前構築済みソリューションを提供するほか、オペレーターがコーディングなしで独自の質問をできる。HubはVisual LLMテクノロジーを活用してカスタマイズされたAIモデルを作成し、AIが不確かな場合に24時間年中無休でサポートする人間のモニターという追加の保証も備えている。4wardmotion SolutionsのJesse Morgan氏は、カメラの状態をコスト効率よく毎日検証し、技術者の配置を最適化するGroundlight Hubを称賛した。アラートを送信したり機器を一時停止したりする前に人間に問題を確認できるシステム機能により、企業は運用上のニーズに応じてタイムリーで正確な情報に頼ることができる。

出典:プレスリリース