GVA TECH(東京都渋谷区)は、自社のマターマネージメントシステム「GVA manage」とAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」の連携を発表した。この連携により、契約書レビュー時の効率が向上し、「実案件を契約書レビュー時に効率よく活用できるようになる」とのことだ。

「GVA manage」では、法務案件の進捗管理やドキュメントの一元管理が可能で、チーム内の情報共有をスムーズに行える。一方、「GVA assist」は、契約書レビュー時のリスク検知や譲歓例文の検索を支援する。これらのシステムが連携することで、過去の契約書や交渉コメントを簡単に参照し、再利用が可能になる。

GVA TECHは、法務部門の業務負担を軽減するため、複数の製品を提供している。その中でも「GVA manage」と「GVA assist」は、契約書レビューの依頼から管理までをカバーする。今回のアップデートは、これらの製品間の連携をさらに強化する一環として行われた。

今後もGVA TECHは、ユーザーのフィードバックを基に製品開発を進め、企業法務担当者や弁護士のニーズに応えるサービスを提供していく方針だ。また、この連携に関する無料オンラインセミナーを開催する予定で、GVA TECH代表の山本とGVA assistプロダクトマネージャーの藤島が詳細を紹介する。

出典:プレスリリース