GVA TECH(東京都渋谷区)は、自社のマターマネージメントシステム「GVA manage」のAIチャットボットとQAデータベースの機能拡張を発表。法務部門の質問と回答を自動で一覧化し、チャットボットで呼び出せる生成AIを活用している。当初は法律相談のみだったが、契約書関連の質問にも対応範囲を広げた。

「GVA manage」はChatGPT APIと連携し、法律相談や契約書に関する過去の質問を自動要約し、データベース化。これにより、類似の法律相談や契約相談の検索が容易になり、法務担当者の作業効率が向上する。

チャットボットが提供する回答に不満がある場合は、複数の別回答をリクエストできる機能も追加された。GVA TECHはユーザーのフィードバックを基にプロダクト開発を進め、法務業務の迅速かつ正確なサポートを目指す。

「GVA manage」は、契約書の作成・レビュー、法律相談などを一元管理するクラウドサービス。事業部担当者は専用アカウント不要で、メールやチャットでやり取りし、法務部は集約されたデータを検索可能。過去案件の調査時間を削減できる。詳細は公式サイトhttps://gvamanage.com/で確認できる。

出典:プレスリリース