ヘッドウォータース(東京都)は、「Azure OpenAI Service」を活用した企業向けGPTサービスの拡充を進めている。多くの企業がRAGシステムの導入に際し、非構造化データのノイズ問題に直面しているという。これに対し、同社は「Advanced RAG」サービスの提供を開始した。

「Advanced RAG」は、Microsoft WordやPowerPoint、PDFなどの社内ドキュメントから「キレイなデータ」と「ファイルメタデータ」を抽出し、RAGの精度向上を図る。Microsoft Fabricをデータプラットフォームとして利用し、社内ファイルの権威性や信頼性に基づく重みづけを行う。

さらに、生成AIによる要約機能「Summary Embedding」を導入することで、不要なデータの取り込みを防ぎ、レスポンスタイムの短縮とクラウドコストの削減に貢献する。日本マイクロソフトの岡嵜禎常務は、同サービスが社内業務ノウハウの活用とRAG精度向上に有効な解決策を提供すると評価している。

ヘッドウォータースは、既に複数の大手企業から「Advanced RAG」サービスの受注を獲得している。今後もMicrosoft Fabricを活用し、企業独自の生成AI活用におけるRAGプロジェクトに適用していく方針だ。同社は、生成AI経済圏の拡大に向けたビジネスパートナーとしての取り組みも進めていく予定である。

出典:プレスリリース